多摩センター駅近くにあるアクリアデンタルクリニック 道順 住所 多摩センター駅近くにあるアクリアデンタルクリニック 予約

スタッフブログ

ホーム > スタッフブログ > 栄養通信 ~牛肉と厚揚げ豆腐の味噌炒め~

最近の記事

親子教室
第3回顎関節症相談会
栄養通信~鱈の冷製ポタージュ~
親子教室
顎関節症相談会の動画
顎関節症相談会

カテゴリ

栄養通信 ~牛肉と厚揚げ豆腐の味噌炒め~

たんぱく質・鉄・亜鉛たっぷり!真夏のスタミナメニュー!
牛肉と厚揚げ豆腐の味噌炒め
【材料】   2人分
・牛肩肉 200g
・厚揚げ豆腐 150g
・舞茸 100g
・ニラ 50g
・ごま油 少々   ☆味噌 大さじ1と1/2
☆醤油 大さじ1  ☆にんにく 少々
☆生姜 少々    ・お好みで七味唐辛子 少々

【作り方】
①牛肩肉、厚揚げ豆腐、舞茸、ニラを食べやすい大きさにカットする
②フライパンにごま油をひき、厚揚げ豆腐、舞茸、ニラを入れ炒める
③火が通ったら牛肩肉を入れ、炒める
④☆の調味料を入れ、全体に味が絡んだら完成!
お好みで七味唐辛子を上からかけても美味しいです!

【豆知識】
牛肉は、鉄の含有量が多く、吸収効率が高いので貧血予防に最適です。
野菜、穀類、海草など非ヘム鉄の吸収率が約5%程度であるのに対し、肉や魚のヘム鉄の吸収率は約20%なので効率よく鉄分を摂取できます。
また、牛肉は亜鉛も多く含まれています。亜鉛は、生命の維持や細胞の分化に深く関わっており、不足すると味覚障害や脱毛等の原因になります。
食べ物から摂取された亜鉛は、小腸で吸収され、その吸収率は約30%で、年齢とともに亜鉛の吸収率は低下するといわれています。
鉄と亜鉛はたんぱく質と一緒に摂取すると吸収率が上がるといわれています。
牛肉はたんぱく質も豊富なので、鉄と亜鉛の吸収率が上がる栄養価の高い食材です!脂身の多い部位ではなく、栄養価の高い赤身の肉を選ぶようにしましょう!

今回使用している厚揚げ豆腐も栄養価の高い食品です。
厚揚げ豆腐は木綿豆腐と比べて、脂質は約2.7倍と高めですが、タンパク質は約1.6倍、カルシウムは2倍以上、鉄は約4.3倍も含まれます。
油分が気になる方は、調理する際に熱湯をかけ回す、または茹でるなどして油抜きをして使用することをおすすめします。

舞茸はきのこ類の中で1番多くビタミンB2を含んでいます。
ビタミンB2は、肌や粘膜などを健やかに保ち、肌荒れやニキビを防ぐ効果があります。
また、円滑にエネルギーを産生する手助けをしてくれる働きがあります。肌荒れが気になる方やダイエット中の方におすすめです。
ニラは抗酸化作用の高いβ⁻カロテン、むくみ改善に働くカリウムなどが含まれます。

栄養価の高い食材を使用したスタミナメニューで、夏の暑さを乗り切りましょう!!  アクリアデンタルクリニック 管理栄養士 落合いろは

TOP