「アクリア」の歯科治療

Q5.歯医者は痛い時だけ行くところだと思っていませんか?

A5.実は、歯が痛くなってからでは手遅れ場の場合が多いのです。定期的な歯科検診をおすすめ致します。

「歯が痛い」ということは、病気の程度としては実はすでに重度であると考えられます。つまり痛くなってから歯医者に行くのでは、手遅れの場合が多いのです。 虫歯にしても、歯周病にしても、はじめは大きな症状がなく進行していきます。この時点で治療を施すことができれば、治療は簡単で、通院の回数や時間もあまりかからないでしょう。定期的に検診を受けてチェックしていれば、このような段階で早期発見できることが多いです。また、少し違和感が出てきたときにすぐに歯医者に行く方も、おおよそ簡単な治療で済むことが多いでしょう。

問題なのは痛くなってからしか歯医者に行かない方です。

車で例え話をするならば、エンジンが完全に壊れてから修理に出すようなイメージです。車検のたびにチェックして部品を交換していれば、車も長く乗れますが、壊れてからでは大変です。車が動かなくなる前に車検に出すのと同じように、「歯が痛くなる前に、歯医者に行く」ようにしましょう。

このページの先頭へ