ワンランク上の予防歯科 歯科から全身の健康を考える

  • 「予防というと〝むし歯〟や〝歯周病〟を思い浮かべがちだ。しかし、それ以上の予防歯科がこの一冊にある!」
    国立モンゴル医科大学歯学部 客員教授 岡崎好秀
    院長・多田大樹が出版しました

【 ワンランク上の予防歯科 歯科から全身の健康を考える 】
多田 大樹 著

2019年5月、念願であった著書「ワンランク上の予防歯科」を出版しました。ここで
言う「予防歯科」は「虫歯を予防する」ではなく、「全身の病気を予防する」という意味で、「歯科医療を通じて全身の病気にならない体作りをする」という新しい概念です。この考え方に辿り着くまでの軌跡や研鑽を積んできた学識、経験の数々に基づき、真の健康・幸福な生活実現のため、私が歯科医師として目指すものをまとめました。
 また、本著では私の人生の一旦も書かせていただきました。高校卒業後、取り立てて生きる目的も持たず、遊び惚けていたなかで、歯科医人生を歩むようになった自分。医師になりたての頃、研修施設で初めて触れた歯科医療の世界に感動した自分、尊敬できる先輩医師との出会いや修業を経て一流の歯科医師になろうと心を定めることができた自分。そんな私の〝これまで〟を、少し恥ずかしい気もいたしますが知っていただけたら幸いです。
 さらに、本著で触れているもう一つの考え方が「病巣疾患」です。「病巣疾患」とは、「体のどこかに慢性的な疾患があり、それ自体は異常な症状を出さなくても、まったく関係のない臓器に二次的な感染を起こすこと」です。この「病巣疾患」の主な原因となる「慢性炎症」のことや口呼吸の危険性、医科歯科連携の必要性、顎顔面口腔育成治療、栄養療法など、今後の重要な取り組みについても紹介しています。
 ぜひ私と一緒に「予防歯科」の世界を探求してみませんか。

■株式会社医創社・定価1,111円(税別)

このページの先頭へ